船舶免許の種類について

by:

船舶免許費用資格/習い事

船舶免許は小型の船を操縦するための免許であり、正式名称を小型船舶操縦士免許と言います。私たちが個人用のボートを買って運行を行う際に必要なものとなってきます。この船舶免許はいくつかのサブカテゴリーに分かれます。それぞれについて、利用できる船の大きさや海岸からどのくらい遠くまで行けるかということが決められています。

船舶免許の中で最も上位の免許が、一級小型船舶操縦士免許と呼ばれるものです。この免許を持っていれば、20トン未満の船舶を外洋まで高校することが可能となってきます。ここで言う外洋とは海岸から5海里以上遠い海域を指します。一つ下位の免許として、2級船舶免許があります。

この場合においては、20トン未満の船舶を海岸から5海里以内の海域において運航することができます。ただし18歳未満の方は、5トン未満の船舶と制限があります。その下の免許も定められています。5トン未満の船舶を湖や川および指定区域のみで運航できる湖川小出力限定免許があります。

河川を運行するような小型船舶にはこの免許が必要となってきます。このような系列とは別に、最近海岸でよく利用されるようになったジェットスキーに対応する免許も存在します。正式名称としては、特殊小型船舶免許というものになります。陸岸より2海里以内という海岸近くで、ジェットスキーを操縦する際に持っておく必要があります。

このように、小型船舶を航行させるためには、以上の免許のうちのどれか一つを持っておくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です