船舶免許の種類について

by:

船舶免許費用資格/習い事

船舶免許は外部動力付きの船を操船するために必要不可欠な免許で、マリンレジャーを楽しむためにも欠かせないツールのひとつとして活用されています。自動車免許と同じようにいくつかの種類に分かれているのが特徴で、それぞれ操船できる船の違いや制限が異なるため把握しておきましょう。まず、特殊小型船舶免許は、最も簡単に取得できる免許となっており、制限年齢も15歳からと低年齢に設定され、取得にかかる時間も1日半程度ということで、健康な人であればほぼ全員が取得できます。ただし、海岸から2海里以上は離れて航行することを許されておらず、操船できる船も水上バイクやジェットスキーに限られるといった、制限の多い免許となっています。

次に2級船舶免許があり、これは航行可能な制限が海岸から5海里となっています。特殊小型よりも制限が緩くなっており、マリンレジャー施設のスタッフなどはほとんどがこの2級船舶免許以上を所有しているほどポピュラーなものと言えるでしょう。操船できる船も総トン数20トン未満の外部動力付き船舶と、制限が一気に緩和されるのも特徴です。最後に1級船舶免許があり、航行における制限が実質解除されるのが最大のメリットです。

操船できる船の総トン数は2級と変わらない一方で、どこでも遠くに出られるため、最終的にはこの免許を取得する人が多くなっています。ただし、100海里を越える航行をする場合は、エンジニアを動向させる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です